緑内障の治療を静岡でした感想

点眼治療が合わずレーザー治療を受ける

静岡のクリニックで緑内障と診断され不安に点眼治療が合わずレーザー治療を受ける定期的にクリニックに通って様子を見ていく

人それぞれ適している治療に違いがあるのは当然のことだし、まずは簡単な方法から試していくんだろうなと納得することもできました。
点眼薬は少しくらいサボっても変わりないんじゃないかなという気持ちも多少ありましたが、医師からサボると進行するので忘れずにと念を押されて、目は大切にしなければならないなと改めて感じたので忘れずに使うようにしていました。
定期的に眼科にも行きましたが、仕事に追われる毎日でどうしても点眼薬を忘れてしまうことがあったり、色素沈着などの副作用が起きたりと、自分には合わないと感じることも多くなり、医師に相談してみたところレーザー治療をしてみるかという提案を受けました。
レーザーとなると点眼薬よりもかなりハードルが上がるなというイメージがありましたが、副作用は一時的に虹彩炎や眼圧上昇などが起きる程度だと言われたことや、点眼麻酔を行なって十分程度で終わり、痛みはほとんどないと言われたので、試してみても良いかもしれないと思うことができ、勇気を出すことにしました。
いざレーザー治療となるとハラハラしましたが、本当に十分程度というスピーディーな時間で終わったのでびっくりしてしまったくらいです。
一度レーザーを受けたからといってそれで終わりというわけではなく、緑内障はずっと付き合っていく病気だということもあるし、覚悟はしておくべきだなと思っています。